2012年12月31日月曜日

自分の2012年を振り返る


ほぼ半年ぶりのブログ更新...ダメだ...続かない。(笑)
2012年もいよいよ大晦日。区切りとして今年1年を総括してみたいと思います。

今年、自分にとって最大の出来事は、会社を辞めてフリーになったことです。4月のことでした。今回はこのことをメインに書いてみたいと思います。

1 - 3月
この期間はまだ会社員だったということになりますね。
前の年の年末で辞める計画もあったのですが、仕事の区切りがつかなくて3月まで延びることに。
立つ鳥跡を濁さずの精神と、一刻も早く会社を辞めたい気持ちがせめぎあっていました。
そしてこのとき既に、退社後は再就職はしないことは決めていて、かつ仕事をしばらく休んで勉強しようと思っていました。

4月
3月の末になって、それまでお世話になっていたある会社から仕事のオファーが。
会社を辞めたら休むつもりだったので正直なところ迷いましたが、夏頃までの短期案件だったというのと、今後の関係も考えて引き受けました。
ところがどっこい、先方の諸々の都合により4月いっぱいで、しゅ〜りょ〜...おっほっほっほ。
元々休むつもりだったんで別に良いんですけど、夏頃まで続くんじゃなかったんですか。
と、いきなりフリーの洗礼?を浴びることに。(スキル不足でクビになったわけじゃないですよ!)

5 - 6月
さて、あっけなく仕事が終わってしまったので、当初の予定どおり無職・無収入生活へ。
以前からコツコツと勉強はしていたんですが、やりたかったのはWebの勉強。
会社員時代はとにかく仕事に空白期間を作らないことを最優先にして、あまり興味がない仕事でも我慢してやってきました。その結果、私の場合は.NETのシステム制御にスキルが偏ってきて、いつの間にか.NET技術者の烙印?を押されていたのです。
フリーになりたかった理由のひとつとして、.NETから解放されたかったというのもあります。
昔あったブラウザ戦争とか、Officeの値段の高さとか、そして非オープンな技術によってベンダロックインされてしまう危うさとか、諸々の理由で以前からMicrosoftにあまり好印象を持っていないんです。(中立的な目で見た場合、VisualStudioの完成度は群を抜いていると思いますし、C#はJavaよりも好きな言語です。)
それにMicrosoftでWebといえばASP.NETですが、スキル的にはWebというより.NETという括りにされることが多く、案件で先方が求めているWebスキルとして見てもらえないという印象があります。(Web = Javaでしょ、的な)
ま、かといって今からJavaに肩入れする気もなかったので、Webの勉強はHTML5を意識してJavaScriptに集約されていきました。
以前からの積み上げ分とこの2ヶ月間の勉強で、JavaScriptはそこそこ出来るようになったと思います。

7月
いつまでも無職・無収入生活を続けていても良くないと思ったので、ここいらで仕事探しに。
紆余曲折あり、最終的にAndroidアプリの開発案件に参画させてもらいました。
技術者が見つからず困っていたらしく、リスク承知でAndroid未経験な自分を雇ってくれたみたいです。
面接ではPhoneGap使って5日で作ったアプリを見せました。反応は、悪かったです。(笑)
Androidのネイティブアプリ開発だったので言語はJava。PhoneGapでは門前払いされても文句は言えません。
で、それからは猛烈な勢いでAndroidの勉強。JavaScriptのことはひとまず忘れる。(笑)
やってみた印象としては、UI作るのが相当面倒なのと、それに付随して画面を動的に書き換えたりするのが難しかったです。そして、端末毎に異なる解像度も悩みの種。
iPhoneアプリみたいなUI作れ」って言われましたが、Androidでは難しすぎます。iOSなら標準で備わっているコントロール使えば済む話でも、Androidの場合は自力で線描いたりしないといけませんから。これは本当に無茶な要求だと思いました。
その結果、参画1ヶ月でさようなら。(笑)
開発していたアプリは8月リリース予定でしたが、2012年大晦日の現在でもリリースされた様子はありません。もしくは開発中止になったかな?

8月
仕事は終わってしまったのですが、せっかくAndroid開発に携わったので、以前に作ったPhoneGapアプリを全部Javaで書き直すことにしました。それがこちら
言い訳みたいですけど、あくまで習作ですので。
今思えば、Androidアプリ開発はWebの範疇なんだろうかと。アプリの種類にもよりますが、どちらかというと昔やっていたWindows FormとかSwingの開発経験が生きた気がします。

9 - 12月
8月はお盆ということもあって仕事が見つからなかったのですが、9月に入って新たな仕事が見つかりました。
で、ASP.NET...(笑)
あんだけ好きじゃねーとか言っていながら、です。
これは妥協です。別の機会に書こうと思いますが、この業界は経験が何よりものをいう世界なので、未経験または経験少の仕事はやらせてもらえないのです。7月にやったAndroid案件は完全に例外でしょう。
実はASP.NETの経験もそんなに多くはなかったのですが、前述のとおりASP.NETはWebというより.NETの括りで捉えられるため、会社員時代に身につけた.NETのスキルと「個人的にWebを勉強しています」というハッタリだけで参画できました。(ハッタリだけじゃなくてちゃんと成果を上げましたよ。)
そしてその仕事も11月に契約満了となりました。
そうしたらどういうわけか同じ先方から別案件のオファーをいただき、仕事は変わりましたが今も同じところでお世話になっています。
今の新しい仕事はJavaWebで、JavaScriptも使いまくり。特にJavaScriptは勉強してきたことが役に立ちました。
この仕事のオファーは全くの想定外でした。希望してもなかなかやらせてもらえないWebの仕事なのに、一時の妥協が良い方向に転がりました。
ただこれはゴールではないですし、来年以降もより希望の仕事に巡り会えるよう勉強は続けていくつもりです。

とまあ、徒然なるままに書いてきたのですが、長過ぎなのでこのへんで終わりにしようと思います。
フリーになってみて今言えることは、

  • 未経験の仕事に携わるのは非常に難しい(「勉強してます」はほぼ通じない)
  • 物事は自分の思うようには運べないが、思いもよらないところにチャンスはある
  • 無職になるリスクを気にしなければ自由に仕事は選べる
  • ただしいつまでも続けていられるとは思えない(年齢的に)


2012年、以上!

0 件のコメント:

コメントを投稿